TJG 東京女子学院 中学校 高等学校

校長挨拶

日本の「こころ」で、
世界を見る

校長 唐木邦雄
校長 唐木邦雄

1936年の創立以来、東京女子学院が培ってきた女子教育の伝統は、一言でいうと日本人の「こころ」です。日々の生活の中で「目には見えない大切なもの」を育ててきました。

  • 「至誠努力」を惜しまない姿勢
  • 人としてあるべき姿「道義」を大切にすること

みなさんが海外に出て最初に感じるのは、自分が日本人であるということでしょう。日本人の「こころ」を持っているからこそ、

  • さまざまな文化の違い
  • 考え方の違い
  • コミュニケーション方法の違い

を感じるのです。
 

東京女子学院は、今、大きく国際化へ舵を切ります。
高校では新しい2コース制を導入。

  • 「グローバルスタディコース」
    このコースは、海外5カ国の提携校への留学を組み込んだカリキュラムになります。
  • 「グローバルキャリアコース」
    このコースにおいては、日本を知り、世界を知るPBL(Project Based Learning)「課題解決型学習」形式のアメリカ修学旅行をグローバル教育の柱とします。

つまり、「Be Global」というミッションステートメントには、みなさんが国際人としての第一歩を踏み出す東京女子学院でありたいという願いが込められています。